「…だって、メロの髪に触ってみたかったんです」











シュッ…
がしっ



M   「!!!!?






















M   「な に す ん だよッ!?」



N   「すみません、ごめんなさい…」













―――――――――――――――――――――――

ニアは何と言うか、
直感で思い立ったら→すぐに試して確証を得るタイプと思います。
けど、行動に至るまでの過程が、ニアの頭の中の一瞬のひらめきだけなので
周りの人間には ものっ凄い唐突&突飛な行動をしているように見える。
けれど、「頭の良い子のすることだから…」と、行動理由を求められる事は無くて
ちょっと酷いことをしちゃっても、「まあ、ニアだから〜」ってスルーされてるんです。
(↑ニア的には、酷い事をしようと思ってしてる訳では無く…)
ニアもニアで、自分の行動に至るまでの過程を
相手に分かるように説明するのが面倒くさいので、何にも言わない。

けどメロだけは違くて、酷い事されたらきちんと怒るし、
不可解な行動については、理由の説明を求めるんです。

そんなこんなで、「間違っていたら「ごめんなさい」と言う」〜って事を、
幼いニアはメロから学んだのでした。


―――――…と、言う妄想。 長い上に解り辛!(笑)

―――――――――――――――――――――――



2010.7.13